プロフィール

ヨシヲ

Author:ヨシヲ
コメントは承認制にしています。
悪意のあるコメント、本文と関係の無い
コメントは承認しませんので悪しからず。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月31日(月)

奇跡の穴子!!では無い(笑)。

家の割と近所に穴子天丼が美味しい蕎麦屋があるとの情報をキャッチ。
鮫洲にある鈴乃家さんというお蕎麦屋さんです
IMG_3045.jpg
結構な老舗らしいですが、出前をしてくれる街場の蕎麦屋さんです。
ちょっと過度な期待は止めた方が良さそうな雰囲気が漂っています。

ちょっと(と言うかかなりの)二日酔い気味だったこの日。
相変わらず二日酔いの日に揚げ物を欲する身体・・・何故だろう?
これって一か八かなのですね。美味しい!!と思うか、駄目だ・・・食えねぇ・・・ってなるか、
丁半博打みたいな物です(笑)。

IMG_3042.jpg
街場蕎麦屋ですから何でもあります。カルビ丼なんてぇのもあります。
ラーメンもありゃなんでもあるって感じ。
もうちょっと暑い日でしたらひやむぎに手を出していたかもしれません。
なんたって赤字で殊更にフルーツを強調しているのよ(笑)。
ひやむぎに缶詰のみかんやさくらんぼが申し訳程度にのっているのは普通の事ですが、
フルーツ」ってアピールをしていると言う事は、さぞかし沢山トッピングされているのでしょうか?
パフェみたいにさ(笑)。今度はこれをいただくとして、今日は初志貫徹で穴子天丼(950円)を。

IMG_3043.jpg
味噌汁かミニ蕎麦が選べるとのことなのでミニ蕎麦にしました。
お椀に隠れちゃいましたが胡瓜と蕪の糠漬けが付いています。
ちなみに穴子は江戸前だそうです(笑)。←この文は1人の人にしか受けないと思う(笑)。
穴子2本に獅子唐と茄子の天麩羅。
つゆは甘からず辛からずで割と良い塩梅です。店の外にまで漂っていた胡麻油の風味が香ばしいです。

IMG_3044.jpg
所謂蕎麦屋の天麩羅ですね。華を咲かせると言う技法で、周りに必要以上に衣を付けるスタイルです。
この技法って蕎麦に入れる事を前提としたのではなかろうか?
蕎麦汁に浸すからこそ衣が美味しいのであって、天丼や天麩羅単体でいただくには不適切かと・・・
食べづらいしさ。ここのはそこまでじゃなかったけれど、口の中切れそうになる天麩羅あるもんね(笑)。
ごわごわでさ、口の中痛ぇ奴(笑)。

穴子や白身の魚ってほくほくした食感が持ち味で、物によっては咀嚼する前に溶けちゃうような
食感だったりしますが、ここのはなんか硬い。脱水の技術の問題なのか?そもそも本当か?それ(笑)
天麩羅屋さんで穴子を頂くと、皿に置いた物を職人さんが菜箸でパチーンって半分に切ってくれますが、
ここのは硬くてそんな事出来なそうな感じ。結構食べるのに難儀したもん。
950円で食べられるのだったら有りかな?という食後感。文句を付けさせない値段設定だな(笑)。
だけれども、「みかわ」で食べた穴子よりは美味しいかも?(笑)

後から知ったのだけれど、東京ウォーカーの最新号でこの穴子天丼が紹介されていたらしい。
東京ウォーカー見て来た客だと思われたのだろうな・・・俺そんなミーハーじゃねぇよ(笑)。

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。