プロフィール

ヨシヲ

Author:ヨシヲ
コメントは承認制にしています。
悪意のあるコメント、本文と関係の無い
コメントは承認しませんので悪しからず。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月18日(土)

年の瀬は芝浜とブルーハーツ

ブログ上ではまだ年を越しておりません(笑)
昨年暮れの話で恐縮です・・・

年の瀬にしておきたい事。それは、「今年の汚れ今年の内に」と、芝浜を聴く事。
芝浜とは古典落語の噺でございまして、芝浜を聴かなきゃ年を越せねぇと言う落語好きは多いと思います。
大ネタの長い噺ですので、大概は年末の独演会などで多くかけられる様ですね。
寄席では主任(トリ)でしかかけられないネタですが、寄席と言うのは、根多出しと言って事前に何の
噺をするか予告をしている場合を除き、何の噺をするかはその時の状況で変わる様です。
自分より前に出た人と噺がかぶっちゃいけないと言う不文律があるので、その時その時で何の噺を
するのかは分りません。
ところが、新宿末廣亭の12月下席のトリはむかし家今松師匠が務める事が決まっており、
尚且つ大楽日は芝浜をかけると言うのが慣わしになっているそうです。

IMG_1300.jpg

と言う事で新宿末廣亭へ♪
今日の番組は好きな芸人が1人も居ないと言う状況で、芝浜かけるの分ってなかったら絶対に来ない(笑)
案の定結構退屈で、あした順子先生とかロケット団などの色物の方が全然面白いってどう言う事!?

IMG_1302.jpg

そして長年の課題店だった鳥田むらさんへ。・・・って展開が速いわ(笑)。
ずっと来てみたかったお店なのだが、新宿そのものが嫌いなので中々来られなかったのだな。

IMG_1303.jpg

お通しは皮ポン酢です。さっぱりと美味しい。
隣の席に見た事がある役者さんと、見た事がある人(確か漫画家)が居ましたが、
名前がどうにも分りません。調べようが無いので多分一生分らない(笑)

そもそも芸能人を見てもちょっとやそっとじゃ驚きません。
何故かと言うと、昔働いていた青山の焼鳥屋にしょっちゅう芸能人が来てたので、芸能人自体が
珍しくなくなってしまったから。毎日必ず誰か来ると言う店だったので。
石田純一さんが良くお越しになっていたのですが、初めて見た時「本当は普段靴下履いてんじゃねぇの!?」なんて思って足元を見てみたら本当に履いていませんでした(笑)。
石田純一さんは凄く良い人。全然偉ぶらないし(と言うか芸能人なんざ偉くも何ともないが)、
本当に普通の好青年と言うか、おだやかでTVで見たまんまの人ですね。
それに比べて名前も知らない様な役者(そこそこ売れていたみたいだが最近見ない)は、
「俺誰だか分かってんだろうな!?」的な態度を取る様な勘違い野郎でした。
実際に「俺の事知ってるでしょ!?」って訊かれたのだが、「すみませんが存じ上げません」って言って
やったもんね(笑)。顔は知っていたけど名前知らないし、あまりにも生意気だったのでね、つい・・・

IMG_1304.jpg

こちらは1人5本以上注文しなければいけないと言う縛りがありますが、セットを頼めば
その条件はクリアです。
からしが添えられていまして、砂肝にからしを付けたら凄く美味しかった♪

IMG_1307.jpg

上の6本がセットです♪長年続く店にはやはりそれだけの魅力がありますね。

IMG_1306.jpg

寒かったと言う事もありますが、芝浜を聴いた後は「俺が代わりに飲んでやる」と言う意味合いから日本酒を
熱燗で。

IMG_1305.jpg

鳥の煮込みですが、僅か半月程前の事なのにどんなのだったか覚えておりません・・・
美味しかった事だけ覚えています。

IMG_1308.jpg

上に茹でたささみがのった鳥サラダ♪
こう言うのを頼むのは勉強と言う大義名分があるのですが、あわよくばパクろうとしているだけなのですけどね(笑)

IMG_1309.jpg

野菜焼きセットの様なネーミングの物を。
これ良いなぁ・・・早速パクるか!?(笑)

IMG_1311.jpg

こちらの名物らしい鳥雑炊を。
雑炊と言うよりも玉子粥と言った感じですが、とても優しい味わいです。
梅干が何とも良い仕事をしております。

IMG_1310.jpg

雑炊を頼んだから出て来たお新香だったか?それとも頼んだのだっけかな?

この後人生で初めてゴールデン街に足を踏み入れたのですが、如何せん店が多過ぎなのと、
下手に入るとぼったくられると言う固定観念がありまして(笑)店選びに難航。

IMG_1312.jpg

ロック・ブルース・ソウルと看板に書いてあったお店を直感で選ぶ。
2階にあるそのお店のカウンターは満席で「ありゃ!!駄目か!?」と思ったら「上のお席にどうぞ」と
言われた。「へー3階もあるんだ・・・」なんて思ったのだが、梯子の様な階段を上がる屋根裏部屋だった。
こう言うの嫌いじゃない(笑)。と言うか楽しいかも♪

年の瀬の深夜近く、女性と2人っきり・・・ここでアイズレーブラザースの様なメロウなソウルなんか
かかっちゃったら何か有っちゃうかも!?なんて思ったのだが、BGMがずっとブルーハーツ(笑)
いやね、ブルーハーツ嫌いじゃないですよ。CDも持っている位ですから、むしろ好きなのかもしれません。
でもね、年の瀬でね、こっちは芝浜なんか聴いちゃってさ、今年も良い年だったなぁ・・・
なんて感慨深い時に、ブルーハーツは無いと思う・・・

こんな曲かかっていたらカラオケ行ってないかも?・・・ってそりゃないか(笑)



スポンサーサイト
 
01月11日(土)

切り刻み地獄

あけまして何とかと言わなきゃいけない時期も過ぎたようで、すっかりご無沙汰しました。
なんだかブログなどどうでも良くなってしまい、これからは(も?)更新がかなり滞ると思います(笑)
書きたくなったら書く。今年もそんなスタンスで細々とやっていきます♪
とか書きつつ、気まぐれなので明日更新するかもしれませんけどね♪

IMG_1225.jpg

親愛なる方達との忘年会で師走の浅草へ♪

IMG_1229.jpg

大きい物って怖くて嫌いで、高層ビルなどを下から見上げる事が出来ない俺は、
東京スカイツリーなんざ作らんで良いわ!!って思っていたけれど、最近やっと慣れたかな・・・
でも近くから見上げる事は出来ないと思う。ひっくり返っちゃうと思う(笑)

向かうお店は伊藤ちゃんが居る店♪伊藤ちゃんはきゃわゆい店員さんなのだが、歳は・・・
40代後半か!?所謂熟女って奴でございます♪

IMG_1230.jpg

伊藤ちゃんへのお土産ではなくて、此方のお店に3人以上で予約をすると、バゲットを持って行かなければ
いけないのです。

そう、拙ブログを以前からお読み頂いている方は覚えていらっしゃるでしょうか?
あの日の悪夢の事を・・・

IMG_1233.jpg

今年1年お疲れちゃん♪

IMG_1235.jpg

先ずはレバーの焼鳥から♪これは塩焼きです。

IMG_1234.jpg

つくねはタレで♪

IMG_1237.jpg


全日本タレで焼いた腿肉の焼鳥選手権が有ったならば、絶対に入賞は間違いない美味しさの腿肉♪

IMG_1239.jpg

タレの焼鳥に七味をかけたくなると言うのが人情でございますが、こちらで「七味下さい」と言おう物ならば
こっぴどく怒られるそうです。最初に「七味はありませんので」とちゃんと説明してくれているのだが、
それにも係わらず訊いちゃう馬鹿いるのだろうね。でも鍋の〆のうどんの時に七味出てくるのだな(笑)。
大根おろしを付けて食べる事を店は推奨しています。

IMG_1236.jpg

寒かったので熱燗を♪

IMG_1240.jpg

鳥わさです♪上にのっている赤いのは砂肝です。

IMG_1241.jpg

次に出て来る料理に備えインワーを注文。文章が極端に短いのは惰性で書いているから(笑)

IMG_1242.jpg

こいつが例の奴です!!これは鳥の酒蒸しと言う料理なのですが、細かく刻む作業を客がやらなければ
いけないと言う厄介な物なのです。しかも女将さんから駄目出しをされると言う、自尊心や、自分がこの世に
生まれた理由、そして今自分が存在している理由など、全てを否定された様な気分になります(笑)。

今回この切り刻み地獄を、バタフライナイフで何でも切り刻む事が出来るBさんにやっていただきましょう。
思い知るが良い!!切り刻み地獄をっ!!

kako-fFlrnzeP2by9eVg3.jpg

刻めっ!!刻むのじゃ!!細かく細かく刻むのじゃ!!そして「こんなに細かく刻んだよ♪」って思った所を、
女将から駄目出しされてしまえ!!それで折角の忘年会なのに切ない思いになってしまえば良いのじゃ!!

うわーはーはーはーはー!!

IMG_1246.jpg

切っている最中に伊藤ちゃんが「お、中々良い感じですよ♪」なんて優しい労いの言葉を・・・
俺の時には無かったのに・・・俺だって頑張って切ったのに・・・
俺の時はそんな優しい言葉かけてくれなかったじゃないの!!
着てはもらえぬセーターを、寒さ堪えて編んだのにっ!!(前回も同じ事書いているww)

どうして同じ様な内容を書いているのに、あいつには「いいね!」を押して俺には押してくれないの!?
なのに、「風邪ひいて寝込んでいます」に対して「いいね!」ってどう言う事!?
と、ちょっとFaceBookあるあるを(笑)何にでも「いいね!」をしちゃう奴を俺は信用しないぞ(笑)

しかも、女将からの駄目出しは一切無し・・・
あんた変わったよ・・・変わっちまったよ。何があんたを変えちまったんだい?
男か!?それとも銭か!?
と言うか、今回の女将はやる気0な感じ・・・

IMG_1245.jpg

この切り刻んだ物をバゲットにのせていただきます♪
これが美味いんだな!!Bさんお疲れ様でした♪

IMG_1244.jpg

インワを発注。
今日はやる気0の女将さんから「あなた達良く飲むわね」と言われた(笑)。

IMG_1250.jpg

ここまでで結構な満腹になるのだが、ここからがメインの鳥すき鍋です。

IMG_1252.jpg

箸休めのお新香♪

IMG_1251.jpg

一番最初に入れた手羽は絶対に途中で食べてはいけません。
つくねも小さく入れないと女将さんから駄目出しされますが、今回は何も無し・・・

女将!!本当にあんた一体どうしちまった!?

IMG_1253.jpg

もう食えない!!って位に満腹になるのだが、〆はうどんで♪
3回目の訪問だが、いつ来ても大満足するコース内容です♪
Bさんが切り刻み地獄に落ちなかったのが残念な年の瀬でした(笑)。

ご覧頂いている皆様、今年もよろしくお願いします。
せめて月1位は更新出来る様に努力します♪
 
12月08日(日)

ミーハー嫌い

数ヶ月前の話なのだけれど、家の近くの中華屋に行列が出来ていた。
知る人ぞ知る名店とは聞いていたが、今まで行列なんてなかったし、そもそも並ばすような店ではない。
「さては雑誌かテレビにでも出たんだな・・・ってぇ事はそれを見たから並んでいるのか。
・・・馬鹿じゃねぇの!?」なんて思いながら、思いっきり蔑んだまなざしを送りながら通り過ぎた。
案の定dancyuの炒飯特集に掲載されていたのだが、そう言うの読んだからって並ぶかね!?
俺は嫌いだな。雑誌に出たからとかテレビに出たから行っちゃうのが。
そもそも並んでまで物を食べるのが嫌い(開店を待つ行列を除く)。
ラーメンに並ぶなんてあり得ないし、雑誌で偉そうに腕組みして写っている店主も嫌い。
あれさ、ラーメン屋の店主ってなんで腕組みするんだろうね。写真撮る時に腕組みする人って
ラーメン屋の店主かヤンキー位だってぇの(笑)
そんな思いもあるから雑誌に出たような店が嫌いってぇのもあるんだな。俺はミーハーな事が嫌いだ。

IMG_1206.jpg

最近雑誌に良く取り上げられており、dancyuの焼鳥特集にも掲載されていた根津の76vinさんへ
行ってきましたよ♪

違うもん!!雑誌に出たから行ったんじゃないもん!!
元々行きたかったのに雑誌に出ちゃったんだもん!!
焼鳥の勉強に来たんだもん!!俺ミーハーじゃないもん!!
ここは食の師匠の行きつけの店だから連れて行ってもらったんだもん!!

此方はルクルーゼを使った料理で有名な、料理研究家の平野由希子さんがオーナーで、
大井町のワインバーの8huitと言うお店も経営されております。
そんな方が手がけられる焼鳥屋は、同業者だったら気になるじゃん?

平野さんはうちのお店にお越し頂いた事があり、一応俺がそこそこ有名な(笑)焼鳥屋の店主だと言う事を
ご存知なのです。すると、俺に「店長今日緊張しているみたいです」と仰った。
どうやら焼き場の店長が、そこそこ有名で名店と言われている(笑)焼鳥屋の店主である俺の来訪を
緊張しているとの事。
「苦しゅうないぞ。いつもと同じ仕事を見せてごらんなさい」と上から目線。って嘘(笑)
人の料理を評価するなんて不遜なので、普通にお料理を楽しむだけです。
でも同業者って確かに緊張するのだなぁ・・・
うちにも焼鳥業界でトップに君臨する店で、俺的には名実共に日本一と思っているお店の方が来られた時、
凄く緊張したのを覚えている。何故か謝っちゃったもん(笑)

IMG_1193.jpg

レバー

IMG_1195.jpg

腿肉のねぎ間

IMG_1197.jpg

腿肉にクミンが振りかけられている変わった一品

IMG_1192.jpg

huitさんでも定番のクミンキャベツ

IMG_1196.jpg

ジャガイモを焼いた奴と有名なお肉屋のコンビーフみたい

IMG_1199.jpg

変わった形のつくね

IMG_1194.jpg

IMG_1191.jpg

最初に泡を飲んでからこれらのインワーを頂きました♪
6人だったので一人ポンイツは行っている筈なのだが写真はこれだけ。

IMG_1201.jpg

IMG_1200.jpg

IMG_1203.jpg

「先ずは刺身でちょっとどうぞ」な鮮度の胸肉と腿肉が出てきてお鍋の始まりです。

IMG_1202.jpg

白濁するまで炊かれた鶏白湯でしゃーぶしゃーぶして食べるのです。
しかもポン酢じゃなくて塩と柚子胡椒で。この辺りが普通の鶏鍋とは違いますね。

IMG_1205.jpg

〆は雑炊でもうどんでもなくて胡麻を利かせたパスタ♪

スタッフは美人揃いでお客さんも何故か美人の方が多かったです♪
勉強になりました。雑誌などに取り上げられるのも納得なシャレオツな焼鳥屋さんでございます。
皆雑誌とか見て来るんだろうねぇ・・・
嫌だねぇ・・・そう言うの。

モヤモヤさまーずを観ていたら、我が家の近くである旧東海道の北品川から立会川辺りの特集だった。
その存在は知っていたが、入った事が無いお蕎麦屋さんで食事をしているシーンがあったのだが、
どうやらかつ丼が絶品との事・・・
かつ丼大好きな俺としてはこりゃ見過ごせない。テレビを観たから行く様なミーハーな愚行は大嫌いだが、
かつ丼だと話しは別(何その都合の良さはww)。日曜の夜ご飯で行ってみた。

でも、モヤモヤさまーず観たから来たんじゃないもん!!たまたま入ったんだもん!!の演技で入店(笑)
食べる物も番組で紹介されていた合わせかつ丼と言う、かつ丼と蕎麦がセットになった物を頼むつもりで
あったのだが、一応メニューを見て結構吟味したふりをしつつ、「この合わせかつ丼とやらをお願いします」
と、テレビ観たから来たんじゃないからね!!を猛烈にアピール(笑)。だって俺ミーハーじゃないから。
先客の人達は馴染みの方達ばかりらしく、天ざるとかカレー南蛮とか食べている様で、
テレビの影響無いのかな?な雰囲気・・・俺だけか、テレビに出たの食べてるのって・・・

IMG_1209.jpg

食べている内に若い客が数組来店し、その注文のほとんどが合わせかつ丼だった(笑)
嫌だねぇ・・・そう言うの。テレビに出たからわざわざ来るなんて馬鹿なんじゃないの!?
ミーハーってみっともないよね。俺そう言うの大嫌い!!   おいっ!!(笑)
 
11月09日(土)

Mon amour est eternel 1

元々物凄い出不精なのだが、それでも昔は食べたい物があるとわざわざ出かけたものだ。

なんだか味噌ラーメンが食べたい・・・と思えば札幌まで行ったり、
今日は湯豆腐で熱燗飲みたいな・・・と思えば京都まで行ったり、
あーなんだかキビヤックが食べたいな♪なんて思ったらアラスカまで出かけたものだ。

歳と共にそう言う事も無くなり、地元大井町辺り(遠出したとしても銀座とか蒲田ww)で全て
済ませてしまう様になってしまった。

IMG_1061.jpg

そんなすっかり出不精になってしまった俺が、ある店の為にわざわざ神楽坂まで出かけた。
神楽坂に来る事なんて20年振り位だろうか?
当時、日仏学院で講師をしていたエマと言うフランスの女性と付き合っていたので、その頃に
良く来た街である。
エマは15年位前にフランスに帰ってしまい、この恋に終止符を打った。

エマを乗せた上野発の夜行列車の発車のベルが鳴り響いた時、エマは涙を浮かべながら
「おら、フランスなんか帰りだくねぇだ!!ヨシヲも一緒にフランスさ来てけろ!!」と言った。
俺はエマの頬をつたう涙を指でそっと拭いながら一言だけ伝えた。

「Mon amour est eternel」と。

その頃は簡単な日常会話位ならフランス語が喋れたものだが、今はすっかり忘れてしまい、
覚えているのはトレビアーーン位だろうか?

そんなトレビアーーーンなお店に行ってみたくて神楽坂まで♪

IMG_1060.jpg

別亭鳥茶屋さんです♪
俺のお店では売らないけれど、何故か日本一の親子丼作りを目指している俺としては、やはり此方の
親子丼は食べておかないと、と言う事で訪問。

IMG_1053.jpg

並んでいる!?
日曜のランチタイムを外して来てみたのだが、入り口には10人程の待ち客が!!

俺の人生のモットーは、前戯は時間をかけて、だけれども挿入してからは手短にと、
並んでまで物を食べない、なのである。
折角来たのに・・・帰ろうか?意に反するが並ぶか?どうしよう!?と悩んでいたら、
着物を着たお店のおねえさんから「何名様ですか?」と訊かれ、「1人です」と答えた。
すると、丁度カウンターが1席空いているらしく、先に並んでいた方達に
「誠に恐縮ですが、お1人様を先にご案内させていただきますけれど宜しいでしょうか?」と伝えた。

ごめんなさいね♪
と心の中で詫びつつ、待っている方々に一礼してカウンターへ。

隣の人が食べているうどんすきにも心を奪われかけたが、初志貫徹で親子丼御膳を注文。

IMG_1055.jpg

日祝は観光客が沢山来るからなのだろうが、親子丼単品では注文出来ず、色々な惣菜が付いた
御膳しか注文出来ません。親子丼単品は950円で御膳は1.500円ですので、客単価が
1.5倍位になるのですね。いよっ!!この商売上手!!(笑)

IMG_1056.jpg

親子丼は結構なボリュームがありますよ!!とろんとろんの卵で美味しそうですね!!
惣菜の1つは冷奴です♪

IMG_1057.jpg

サラダと揚げと若布の味噌椀です。真ん中の一番奥は胡麻豆腐。

IMG_1058.jpg

お漬物とキャベツとベーコンを炊いた物で、ポン酢がかかっているのかな?
和食の店でベーコン使うのは珍しいですね。

これだけ色々付いて1.500円ですからCPは宜しいのではないですか?
親子丼も各種媒体で紹介されているだけあってとても美味しかったですよ♪

隣の人がビール飲みながらうどんすき食べていたのだけれど、うどんすきも美味そうだなぁ・・・
でも今度は本店の鳥すき丼だな♪・・・今日連食しちゃうか!?
いや、無理だろう・・・もう46歳のおっさんなのだ(え、こいつそんな良い歳でこんな下らない事
書いているの!?って思っちゃ嫌よっ!!ww)。
連食は流石に止めておこう・・・

つづく(え、まさか!?ww)
 
06月15日(土)

親子丼 2

日曜日の築地は初めてなのだが、結構なお店が開いており、人も結構いるので驚いた。

IMG_0654.jpg

テリー伊藤の実家である丸武さんでアニー伊藤を発見♪
写ってないけど(笑)

IMG_0653.jpg

こんな屋台も出てて、思わず買って酒飲んじゃおうなんて思った!!
買う人よりも写真を撮る人の方が多く、店の人ちょっとイラつき気味(笑)

IMG_0643.jpg

築地で親子丼と言えば鳥問屋が営む鳥藤さんが有名だが、南ばら亭さんも人気です♪

IMG_0645.jpg

なんたってガリタが出没した位ですから!!

南ばら亭のご主人は、どうやらウンナンのナンちゃんの親戚だとか・・・

今日は技を盗ませてもらいますぜぃ!!その為に来たのだから♪
玉子を投入すると、鍋の淵の方から固まりだします。そして、真ん中がいつまで経っても
火が入らないの。そこが独学ではどうにもならないのだな。

お茶を啜りながらご主人の一挙手一投足を眺める。

じーーーーー

じーーーーー

あまりにもガン見していたからか、ご主人と目が合う(笑)

じーーーーーほっほう!!なるほど!!

ほーーーーっ!!そう来たか!!それか!!そのテクニックなのか!!

IMG_0647.jpg



親子丼の完成ですっ!!(堺正章風に)

俺が目指している理想の親子丼です!!この玉子の綴じ方・・・素敵♪
もーご飯になってこの素敵な玉子を全身に纏わせたい(笑)

よくふわトロ親子丼とか言われていて、玉子かけご飯の様な親子丼の店があるが、これは比較的簡単なの。
そうじゃなくて、この様に全体に火が入りつつも絶妙な半熟具合。
なんたって美しいではありませんか!!

IMG_0648.jpg

阿波尾鶏を使用した親子丼は鳥を炙ったものと炙っていないものの2種類有ります。
炙った親子丼は個人的には好きではないので、炙っていない方を注文したのですが、
炙っていない方には京都の有名な(?)山椒が付きます。

IMG_0649.jpg

お吸い物とほうじ茶。お吸い物は物凄く薄味です。
高血圧だからありがたい(笑)

IMG_0650.jpg

半分位食べた所で山椒を♪
香りが高くて物凄く素晴らしい山椒ですね。

1.500円(炙り親子丼は1.600円)とちょっとお高めですが、これはこの絶妙な玉子の綴じ方の
技術料と言っても良いでしょう。
今まで食べた親子丼で、一番に技術力を感じた逸品でございます。

☆☆☆
星っ三つですっ!!
ちょっと残念なのが、普通盛りだと結構ご飯が少ない・・・腹6分目ってとこだな。

これ位の親子丼が作れる様にがんばろうっと♪
でも店では出さないの。自分の美味しい賄い用なのね(笑)。

IMG_0656.jpg

花を愛でませ♪

夏が来る~~きっと夏は来る~真っ白な馬に乗ったふふふーふふ~~(歌詞良く知らないww)
きっと夏は来るってそりゃ春が終わって梅雨が明けたら夏は来るってば。

そして、どんなに厳しい冬だって必ず春が訪れるのだ。
冬来りなば春遠からじとシェリーが言ったではないか。

そして、どんな美人でも閉経するし、どんなに素敵な形をしたおっぱいも引力に抗う事無く垂れるのだ。
若かりし頃は婦女子をひーひー言わせた美男子のブツもいずれ勃たなくなる。
それが自然の法則であり摂理なのである。
俺何を書いてんだ!?(笑)

IMG_0660.jpg

橋を愛でませ♪  浜離宮♪

IMG_0664.jpg

バリ男!!
築地から西新橋まで歩きました。その事により、6分目だった腹は4分目位までに減りましたよ♪

IMG_0661.jpg

バリ男は二郎インスパイアの店なのですが、普通のラーメンでも本家並みに量が凄い!!
4分目まで減った腹は、見事に腹12分目までなりましたとさ(笑)おしまい♪
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。